省エネルギーのマイホームを建てるブログ

夢のマイホーム

家を建てるとなれば、必ず検討したい家は省エネルギーな住宅ではないでしょうか。日本では東日本大震災を境に、省エネルギーな住宅に大変注目が高まっています。

災害時の有効性

電気が通じなくなると生活のすべてがストップする危機感があり、個々に発電できるシステムがあるのが理想的です。太陽光発電を設置して、家庭用の蓄電池まで設置すれば万一に備えられます。さらにオール電化にして、電気の使用量などが管理できるシステムも備えれば、省エネルギーを確実に実現できそうです。

建築費

しかしそれらの設備を備えると、かなり費用が掛かります。これから家を建てる人なら、最初からそのような設備が整った省エネルギーな住宅を検討するのが賢いかもしれませんね。省エネ住宅の場合、やはり設備費用が掛かるためトータル費用がアップする傾向があります。

標準仕様

しかし現在は、省エネルギーな住宅が続々発売されるようになり、そのトータル費用も様々です。シンプル設計やコンパクト設計の家であれば、手の届く範囲で省エネルギーな住宅も選べるでしょう。各不動産会社においても力を入れている住宅ですから、色々比較して検討してみたいと思います。

私が新築をつくる時に、どうしてもこれは外すことができないと思ったこととして暖かい家があります。暖かい家にしたいと思ったのです。以前に暮らしていたところは、寒くてたまりませんでした。冬は寒く夏は暑いという,そんな家だったのです。それでは家にいることがいやになってしまいますね。そこで、新築ではそのことを改善したいと思っていました。注文住宅でこだわったのは、断熱材の多い家です。その家にして、満足していることについてお話します。

冬でもTシャツでいられる

家の中で寒いと思うことなく、なんとTシャツでいることができます。そんなことは、想像できませんでした。よく聞いたことはありましたが実際にはそんな事はないと思っていたのです。ところが本当なのです。とても助かっています。

夏は涼しい

冬だけではなく、夏も涼しいので助かっています。一年を通して、過ごしやすい家となっています。

光熱費が安くなった

とても助かっていることとして、光熱費が安くなったと思える事です。以前よりも半分ぐらい下がりました。しかも快適なので、申し分ありません。

㏚|マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
ダイエットチャレンジ
AGAでお悩み解決
エステサロンを上手に利用する情報サイト
健康に役立つ口コミ情報
AGAお悩み相談.com
女性のための薄毛治療研究会